墨染寺

(ぼくせんじ)

墨染寺

墨染寺(ぼくぜんじ)は874年創建で、豊臣秀吉により復興された寺院。墨染桜には、平安時代の歌人の上野峯雄が、藤原基経の死を悲しみ、「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染に咲け」と歌を詠んだところ、桜の花が墨染色に染まったという伝説がある。(Wikipedia)




つぶやきはありませんでした。他の名所で楽しみください。




ブログ
ホーム


-内容紹介-
知らない道を歩くと京都がますます好きになります。京都で生まれ育ったイラストレーターがこよなく愛す、とっておきのお散歩コース。祇園、西陣、北野、哲学の道……有名観光地が、路地一本入ると知らない顔を見せる。ガイドブックで満足しているなんて、もったいない!

京都在住の作者が紹介する「背伸びしない」「無理しない」京都案内。また、日本画を勉強したという著者のイラストも内容ととってもマッチしていて読んでいるだけで楽しい気分になってきます。(Amazonカスタマーレビュー)

京都に行くなら、この本は絶対買うべき。(Amazonカスタマーレビュー)

ガイドというよりも“手書きイラスト付きエッセイ”のような雰囲気の内容です。(Amazonカスタマーレビュー)