墨染寺

(ぼくせんじ)

墨染寺

墨染寺(ぼくぜんじ)は874年創建で、豊臣秀吉により復興された寺院。墨染桜には、平安時代の歌人の上野峯雄が、藤原基経の死を悲しみ、「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染に咲け」と歌を詠んだところ、桜の花が墨染色に染まったという伝説がある。(Wikipedia)




つぶやきはありませんでした。他の名所で楽しみください。




ブログ
ホーム


-内容紹介-
朝日新聞出版から、“2014年の秋の京都"を満喫する決定版ムックが登場!
地元取材チームが厳選した王道から穴場まで、必見の紅葉絶景はなんと100スポット!
他誌に負けない圧倒的情報量を誇ります。
また、秋グルメから秋のおみやげまで
一冊まるごと秋の京都を楽しめる保存版となっています。