仁和寺

(にんなじ)

仁和寺

仁和寺は、京都府京都市右京区御室にある真言宗御室派総本山の寺院。山号を大内山と称する。本尊は阿弥陀如来、開基は宇多天皇。「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されている。 皇室とゆかりの深い寺で、出家後の宇多法皇が住したことから、「御室御所」と称された。(Wikipedia)


サンプルprof千と千尋の神隠し

仁和寺行ってきました。 庭園がすごく綺麗…。 今度は御室桜の咲く時期に行きたいです
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-22 19:36:18

サンプルprofはやとん

昼から仁和寺へ。暑い。御室桜は夏は思った通り葉っぱ。緑。 https://t.co/JzRIylkfSw
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-21 16:46:31

サンプルprof京都観光のおすすめスポット

【京都観光】仁和寺/春になると染井吉野やしだれ桜が咲き誇ります。それに続いて咲き誇る遅咲きの背の低い桜は、名勝「御室桜」といわれ京都では有名な桜です。https://t.co/XG4DDv4L3d #京都観光 https://t.co/TTE0Yfgolo
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-21 05:31:01

サンプルprof京都観光のおすすめスポット

【京都観光】仁和寺/春になると染井吉野やしだれ桜が咲き誇ります。それに続いて咲き誇る遅咲きの背の低い桜は、名勝「御室桜」といわれ京都では有名な桜です。https://t.co/XG4DDv4L3d #京都観光 https://t.co/TTE0Yfgolo
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-20 10:29:42

サンプルprof京都観光のおすすめスポット

【京都観光】仁和寺/春になると染井吉野やしだれ桜が咲き誇ります。それに続いて咲き誇る遅咲きの背の低い桜は、名勝「御室桜」といわれ京都では有名な桜です。 #京都観光 https://t.co/TTE0Yfgolo
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-17 06:24:30

サンプルprofムネ

上賀茂神社の斎王桜。仁和寺の御室桜と同様に遅咲きの桜。 #上賀茂神社 #京都 #斎王桜 #しだれ桜 #桜 #さくら https://t.co/30p1xe2aE4
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-16 20:07:53

サンプルprofにょン@えーえンのいもーと

ラバストもお掃除完了ヾ(*ΦωΦ)ノ あとは仁和寺の桜守つけて和になるぞ(`・ω・´)
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-16 17:41:22

サンプルprofKir.

仁和寺にて。 御室桜は流石に咲いてなかったけど、ピンクの可愛い朱印帳ゲット٩( ‘ω’ )و https://t.co/1tlVmx6zYa
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-24 11:53:20

サンプルprofMonsieurA

#仁和寺 は、桜の時期が1番オススメですが、#京都 の北のほうに位置するので、四月の半ばぐらいからが見頃です。 https://t.co/DjI1noWcEb
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-20 12:48:58

サンプルprofぱんパンダ

桜が散ってしまったので3月頃の仁和寺を #仁和寺 https://t.co/BFNoDoSVq5
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2017-05-24 19:05:53



つぶやき10件を表示しました。




ブログ
ホーム


-内容紹介-
京都キャンペーン20周年を記念して、これまでのポスターからコピーと写真を抜粋し、1冊にまとめました。四季折々の美しい風景を切り取った写真と、時代を映したコピーが、京都へと誘います。また、キャンペーン当初から現在まで関わって下さっている俳優・長塚京三さん、写真家・高崎勝二さん、コピーライター・太田恵美さんからはキャンペーン秘話も。ページをめくっているうちに、京都に行きたくなる──そんな1冊です。