墨染寺

(ぼくせんじ)

墨染寺

墨染寺(ぼくぜんじ)は874年創建で、豊臣秀吉により復興された寺院。墨染桜には、平安時代の歌人の上野峯雄が、藤原基経の死を悲しみ、「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染に咲け」と歌を詠んだところ、桜の花が墨染色に染まったという伝説がある。(Wikipedia)


日付をクリック!!





ブログ
ホーム



-内容紹介-
京都で生まれ育ったイラストレーターがとっておきの京都をまたまたご紹介。
町かどに静かにたたずむ神社やお寺、何百年ものあいだ人々を見守り続けてきた巨木、路地裏には家族でひっそり営む名店…。ガイドブックではわからない本物の京都をポケットに。充実の6コースをご紹介。

イラストがとても優しくて、著者おすすめの穴場寺社やお店なども記載されていて、実際に行って歩いてみたくなるような本。(Amazonカスタマーレビュー)

読んでいるだけでも擬似京都旅行が出来てしまう、何度も何度も京都に戻りたくなってしまう、素敵な本です。やわらかいイラストが文章と何とも言えない絶妙なマッチングで綴られています。(Amazonカスタマーレビュー)