墨染寺

(ぼくせんじ)

墨染寺

墨染寺(ぼくぜんじ)は874年創建で、豊臣秀吉により復興された寺院。墨染桜には、平安時代の歌人の上野峯雄が、藤原基経の死を悲しみ、「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染に咲け」と歌を詠んだところ、桜の花が墨染色に染まったという伝説がある。(Wikipedia)


日付をクリック!!





ブログ
ホーム


-内容紹介-
京都キャンペーン20周年を記念して、これまでのポスターからコピーと写真を抜粋し、1冊にまとめました。四季折々の美しい風景を切り取った写真と、時代を映したコピーが、京都へと誘います。また、キャンペーン当初から現在まで関わって下さっている俳優・長塚京三さん、写真家・高崎勝二さん、コピーライター・太田恵美さんからはキャンペーン秘話も。ページをめくっているうちに、京都に行きたくなる──そんな1冊です。