無鄰菴

(むりんあん)

無鄰菴

無鄰菴は山縣有朋の別邸で七代目小川治兵衛の作庭。 「無鄰菴」と名付けられた山縣邸は三つある。最初の無鄰菴は山縣の郷里、長州・下関の草庵である。名前の由来はこの草菴に隣家がない事による。(Wikipedia)



11月24日の色付き

他の日を見る


Rie

平安神宮の近くの無鄰菴のお庭です
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 21:31:52
ハコ

今年は朝夕の寒暖差が激しいからか、紅葉いつもより早いね。いつもなら12月3日位までは見れるんだけど、今年はこの3連休がピークかも? 写真は先週行った無鄰菴。410円と手頃だし、人少な目&庭綺麗でオススメ。 http://t.co/58o9mooYi8
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 08:34:39
つぶやき写真は2枚ありました。




リアルタイム!(今の色付き)


人気スポット

☆ ライトアップあり

ブログ
 Twitter
ホーム


-内容紹介-
お土産物なるものは、あなたが旅先で貰ってきたハピネスを媒介するための触媒。「みやげばなし」でお友達も幸せにしてあげましょうというときに役立つ増幅材。京都に来るなら、カミサマが細部に宿ったスーベニールを、ぜひとも連れて帰っていただきたい。その手引き書も、ほれ、このように。

「京都みやげ」と言うタイトルですが、これだけ見ると何かお土産モノの紹介のような本に思えてきますが、内容は知られざる京都の奥深さをステキな文で綴ったものでした。 いつもながら、入江敦彦氏の文章は流麗で、その豊潤な知の泉からほとばしるような説明の数々の明晰さに圧倒される思いで読み進めました。(Amazonカスタマーレビュー)