南禅寺

(なんぜんじ)

南禅寺

南禅寺 は、京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である。山号は瑞龍山、寺号は詳しくは太平興国南禅禅寺である。本尊は釈迦如来、開基は亀山法皇、開山は無関普門。(Wikipedia)



11月24日の色付き

他の日を見る


福本 修杜

南禅寺で紅葉からの神さまの言うとおり楽しかった! http://t.co/fOOkU08h9H
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:58:48
mino

京都・南禅寺の紅葉
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:49:56
ちぐれ

今日は永観堂の紅葉を見に行った
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:36:55
うろ

蹴上駅あたり歩いてたらローディーさん集団で登ってて羨ましかった〜。 展覧会諦めた分、南禅寺の門登って上から眺めたり、永観堂うろうろ。 紅葉が綺麗で目の保養でした。 http://t.co/6vDtRzQzS2
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:23:53
RIEKO

南禅寺の紅葉
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:19:34
あゆむ@生主

南禅寺。紅葉が綺麗でした。にゃーにゃとホテルでダベってるなう。 http://t.co/OxkYl3Y1td
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:16:21
京都で泊まりたいホテル  京北野天満宮の北門前、上七軒・平野神社間近の一軒貸しの宿。 路地中の大人の隠れ家。 住まうように京都にふれる。

レビュー(54)
北野天満宮の北側にある一軒家タイプ。周辺は観光客も少なく普段着の京都に暮らすように滞在できます。部屋も快適でリビング、寝室、キッチンもあるスペースは2人には広すぎるくらいでゆっくり滞在できます。今… 2015-09-26 18:33:44投稿 つづきはこちら
料金:16,000円~
Maria Ishimine

南禅寺の紅葉◎ いい色で綺麗やったーー! http://t.co/KpmDsFJ7GA
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:54:52
かすみん

南禅寺 with 佑香‼遅めの誕生日祝いにご馳走してくれた(*´∀`*) 紅葉めっちゃ綺麗でした^^ みなさん是非南禅寺へ‼ #南禅寺 #ゆかありがとう #Twitterしてないけどw http://t.co/RGJppW2zGH
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:47:46
あさひ

お昼は永観堂と南禅寺 今から清水ライトアップ〜 #京都 #永観堂 #南禅寺 #紅葉 #ゆい http://t.co/Nv0Fgm1aUx
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:43:05


まほてぃん

昨日はさきえさんちひろさんひろこさんと南禅寺・永観堂・哲学の道の紅葉(๑¯◡¯๑)♡先輩たちと久しぶりにいっぱい話せて楽しかったああ!!!また遊んでください(*゚v゚*)♪ http://t.co/BnsQIKjv1b
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:40:42
菊野 梨音

南禅寺の紅葉~(*´∀`)♪ http://t.co/835rSAbza5
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:35:17
12枚表示。もっと見る!
つぶやき写真は15枚ありました。




リアルタイム!(今の色付き)


人気スポット

☆ ライトアップあり

ブログ
 Twitter
ホーム


-内容紹介-
千年の古都である京都は街中に歴史の文化が息づいている。その真髄を味わうにはを歩くことが一番。洛中洛外の157路の歴史と今を地図付きのオールカラーで紹介。

この本は京都にある“路”をテーマに、京都の歴史と文化に深く切り込んで生きます。路をあるけば自然と目に入る京都の仏閣や伝統工芸の数々、その路の上で催される祭りなどが美麗な写真とともに紹介されています。 私は長い間京都に住んでいますが、その歴史の深さに改めて感嘆させられます。例えば膏薬図子(こうやくのずし)というちょっと歩いただけでは気づかないほどの細い路で、平将門の首をさらして空也上人がその霊を弔うために堂を建てたなんて話をこの本ではじめて知りました。(Amazonカスタマーレビュー)