法然院

(ほうねんいん)

法然院

法然院は、京都市左京区鹿ヶ谷にある浄土宗系の寺院である。元は浄土宗内の独立した一本山であったが、昭和28年に浄土宗より独立し、単立宗教法人となる。正式名は、「善気山法然院萬無教寺」と号するが、院号の「法然院」で名が通っている。別称には「本山獅子谷法然院」がある。(Wikipedia)



11月24日の色付き

他の日を見る


SHIORI

ただいま福岡~!京都三日目は哲学の道いって法然院
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:19:13
misa

朝からゼミの卒アル用写真の撮影で法然院( ˆoˆ )/紅葉綺麗だった!! http://t.co/ZMrxD627eR
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 15:58:43
小春日和

法然院 白砂檀と紅葉 http://t.co/FfqQqoWT3I
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 13:37:37
yamauchi原発はイラナイ

京都法然院 山門から見える紅葉 白砂壇と紅葉 http://t.co/WWGyuv2k4j
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 10:50:17
つぶやきジロー

法然院の紅葉 http://t.co/6FrCGkMGEm http://t.co/8zt7elrUKC http://t.co/8XJImEMTa6
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 10:07:33
おかぴー

哲学の道の紅葉はイマイチでした。法然院のこ http://t.co/ogcnE1PHQ3
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 23:12:03
京都で泊まりたいホテル  「望庵」は、八坂の塔のすぐ下。お部屋から塔を間近に眺められます。

レビュー(89)
急な予約にもかかわらずこちらの要望を聞き入れてくれ、お店や観光場所をおすすめしてくれるもはもちろん、行き方や時間など本当にいろいろと調べてくださいました。しかも調べてこちらに知らせて終わりではなく、途… 2015-10-01 09:31:12投稿 つづきはこちら
料金:16,000円~
ほぐもぐ

京都へカメラ仲間と紅葉撮りに行ってきました。念願の法然院!始発で行った甲斐あって、ほんの一瞬でしたが人が少ない状態で撮れて良かったです。 http://t.co/BNDVbAPPtT
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 22:59:43
あんじぇღ

昨日は、南禅寺、永観堂、哲学の道通って安楽寺、法然院、銀閣寺、夜は高台寺と圓徳院のライトアップと東山を堪能。 京都は紅葉自体の美しさもさることながらお庭や景観全体の完成度が素晴らしく、やはりここだけでしか見られないものだなと痛感。 http://t.co/Lgt6Sz73DR
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 22:44:13
氷華

尺八の独奏を聴きに訪れた法然院。 紅葉が見事でした! http://t.co/iNjtGsaCif
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 21:32:35


きょーけん

法然院散策中~(  ̄▽ ̄) 紅葉に囲まれて気持ちが落ち着きます http://t.co/7vU3eUVyhS
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 14:41:36
つぶやき写真は10枚ありました。




リアルタイム!(今の色付き)


人気スポット

☆ ライトアップあり

ブログ
 Twitter
ホーム


-内容紹介-
京都キャンペーン20周年を記念して、これまでのポスターからコピーと写真を抜粋し、1冊にまとめました。四季折々の美しい風景を切り取った写真と、時代を映したコピーが、京都へと誘います。また、キャンペーン当初から現在まで関わって下さっている俳優・長塚京三さん、写真家・高崎勝二さん、コピーライター・太田恵美さんからはキャンペーン秘話も。ページをめくっているうちに、京都に行きたくなる──そんな1冊です。