退蔵院

(たいぞういん)

退蔵院

退蔵院は、京都市右京区花園にある臨済宗の寺院。臨済宗妙心寺派大本山妙心寺の塔頭である。初期水墨画の代表作である国宝「瓢鮎図」を所蔵することで知られる。(Wikipedia)



11月24日の色付き

他の日を見る


悠もみ

私と退蔵院の紅葉 http://t.co/mii8QmBWhe
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 20:30:40
やまもと こうへい

家から近いのに行ったことが無かった妙心寺退蔵院へ、紅葉が見頃。閉園ギリギリの時間だったから空いてて見やすい✨ http://t.co/9rF3utDt5C
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 16:50:14
リュウ

紅葉の写真あげてるからうちも便乗。妙心寺にある退蔵院の紅葉。ちょっとはやかった http://t.co/l8UTc2lBIK
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 11:37:26
和柄野@紅葉の狩り人

妙心寺 退蔵院:三連休、紅葉の下でのんびり日光浴も良いものです。 http://t.co/VUXWxkC2jo”
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 01:11:06
momoei machida

仁和寺の紅葉も素晴らしかったです。 でも、私は木々などがすぐそばにあって、景色と溶け込むことができる退蔵院の方が好きだなぁー。なんて、思ったり。 http://t.co/QouuBK2qPU
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 20:02:20
momoei machida

今日、初めて妙心寺の中の退蔵院へ行きました。紅葉は見ごろです。 庭園をみながら、お抹茶と瓢鮎菓子をいただきました。近くにこんなに素晴らしい庭園があったなんて!驚きです。 龍安寺にならんで好きな庭園になりました。 http://t.co/SSrJgO8n0q
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 19:45:32
京都で泊まりたいホテル案内  一日一組様限定で町家を一棟貸し切り滞在できる宿泊施設。こだわりのキッチンや洗面、皆様に日常を忘れて過ごせる宿。

レビュー(67)時間外のチェックイン・アウトにも快く対応していただき本当にありがとうございました。お部屋も綺麗に手入れされてて、楽しい旅行が出来ました。 2015-10-01 14:22:31投稿
料金:6,000円~
江角悠子(ライター小春)

退蔵院内の庭園。 癒し〜。 #kyoto #紅葉 http://t.co/RO56sCx44i
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 12:16:22
江角悠子(ライター小春)

退蔵院の紅葉、今が見頃。 #kyoto http://t.co/yxZy8nxLaZ
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 12:01:16
yt6417ma

夕方の散歩。 退蔵院、見頃のようです! #京都#妙心寺#退蔵院#紅葉#散歩 http://t.co/J4oylADDgz
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-21 16:15:53


きょうとあす (婦人画報の京都サイト)

紅葉の期間限定。京都の妙心寺 退蔵院では、お寺で朝ごはんをお出ししています。まだ若干名余裕がございます。お申し込みはこちらから。kyotojin/matsuyama_daiko/node_7895/ http://t.co/HjNcTul0ma
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-19 12:22:33
つぶやき写真は10枚ありました。




リアルタイム!(今の色付き)


人気スポット

☆ ライトアップあり

ブログ
 Twitter
ホーム


-内容紹介-
お土産物なるものは、あなたが旅先で貰ってきたハピネスを媒介するための触媒。「みやげばなし」でお友達も幸せにしてあげましょうというときに役立つ増幅材。京都に来るなら、カミサマが細部に宿ったスーベニールを、ぜひとも連れて帰っていただきたい。その手引き書も、ほれ、このように。

「京都みやげ」と言うタイトルですが、これだけ見ると何かお土産モノの紹介のような本に思えてきますが、内容は知られざる京都の奥深さをステキな文で綴ったものでした。 いつもながら、入江敦彦氏の文章は流麗で、その豊潤な知の泉からほとばしるような説明の数々の明晰さに圧倒される思いで読み進めました。(Amazonカスタマーレビュー)