東福寺

(とうふくじ)

東福寺

東福寺は、京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。山号を慧日山と号する。本尊は釈迦如来、開基は、九条道家、開山は円爾である。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えた。明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭を有する大寺院である。(Wikipedia)



11月24日の色付き

他の日を見る


京阪電車【おでかけ情報のご案内】

【紅葉情報】見頃を迎えた京都の紅葉。東福寺からもうひとつ、通天橋からの紅葉をご紹介。渓谷一面に広がるモミジの風景は圧巻です! http://t.co/0MwVrOR3X8 (2014年11月22日撮影) #kyoto #紅葉 http://t.co/pw73nzquPR
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 18:58:05
☆tapoknao☆★

ラスト…東福寺の紅葉☆〟 http://t.co/H78Caj2H5Q
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:46:02
Natsumi❤︎

昨日、東福寺と清水寺の 紅葉みにいってきた
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 19:38:46
ともち

明日は雨みたいで紅葉もそろそろ散ってしまったりするのかな…。しかしホントに綺麗だったな~東福寺の紅葉。 #京都 #東福寺 #紅葉 http://t.co/oJWlp60nd0
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:56:56
Mitty

東福寺の紅葉。自転車で15分程で行けるとはいえ、紅葉の美しい時期は僅か。 行ってみて良かったです! 朝日放送の取材陣がライトをセットしていたので、夜の紅葉をTV中継するのかも。 http://t.co/z3NMPx95i3
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:53:28
Yoshi(紺野 欣典)

今日はツレをパートに送ったあと
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:53:22
京都で泊まりたいホテル  「望庵」は、八坂の塔のすぐ下。お部屋から塔を間近に眺められます。

レビュー(89)
急な予約にもかかわらずこちらの要望を聞き入れてくれ、お店や観光場所をおすすめしてくれるもはもちろん、行き方や時間など本当にいろいろと調べてくださいました。しかも調べてこちらに知らせて終わりではなく、途… 2015-10-01 09:31:12投稿 つづきはこちら
料金:16,000円~
すずせ

東福寺と永観堂にも行ってきました。池に映る紅葉がしゅごい。 http://t.co/EvoRtt9wVc
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:20:58
曹長@舐めっく星人

@0901_1031 お疲れ様です!( ̄▽ ̄)ゞ 京都の東福寺に行ってきました。 紅葉を送ります。 http://t.co/tUB02G72HS
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:08:41
♡sakura♡

紅葉@東福寺 http://t.co/QKIWBBOl8S
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 18:01:49


つぶやき写真は9枚ありました。




リアルタイム!(今の色付き)


人気スポット

☆ ライトアップあり

ブログ
 Twitter
ホーム


-内容紹介-
千年の古都である京都は街中に歴史の文化が息づいている。その真髄を味わうにはを歩くことが一番。洛中洛外の157路の歴史と今を地図付きのオールカラーで紹介。

この本は京都にある“路”をテーマに、京都の歴史と文化に深く切り込んで生きます。路をあるけば自然と目に入る京都の仏閣や伝統工芸の数々、その路の上で催される祭りなどが美麗な写真とともに紹介されています。 私は長い間京都に住んでいますが、その歴史の深さに改めて感嘆させられます。例えば膏薬図子(こうやくのずし)というちょっと歩いただけでは気づかないほどの細い路で、平将門の首をさらして空也上人がその霊を弔うために堂を建てたなんて話をこの本ではじめて知りました。(Amazonカスタマーレビュー)