金福寺

(こんぷくじ)

金福寺

金福寺は、京都市左京区一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺である。山号は佛日山。本尊は聖観音菩薩。 詩仙堂の少し南にあるこの寺には与謝蕪村の墓所があり、松尾芭蕉が滞在したとされ、芭蕉を敬慕する与謝蕪村とその一門によって再興された芭蕉庵がある。(Wikipedia)



11月24日の色付き

他の日を見る




紅葉良かったけど最後までテンション上がらんやった!くそー!嵐山並みの混雑やったしな!金福寺渋い!詩仙堂は撮影スポット多い! http://t.co/Nb4VCcQXzC
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-24 17:19:32
やまたつ

それから、金福寺に行ってきました!こっちが本命やったけど、詩仙堂より空いとって、どうやら穴場らしい。与謝蕪村ゆかりの寺。ここの紅葉も真っ赤っかやった。落ち着いたわー、癒された安らぎや。よかったー。 http://t.co/uI8dCq704N
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 18:03:20
京都いいとこ(11/12月号完成!)

こんにちは!境内奥の茶室あたりからの景色ですね、紅葉きれいだーRT@hdkskgcこんにちは。金福寺に来ました。見頃です!混雑なく静かに楽しめます。 http://t.co/YBzJs94aTi”
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 15:29:42
けけえす

自称アキバヲタが逝く京都の紅葉その6、値千金だった金福寺 http://t.co/GWdO1Wo4Nb
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 15:20:38
けけえす

自称アキバヲタが逝く京都の紅葉その6、値千金だった金福寺 http://t.co/pPSq7CyxjA
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 15:18:28
てっち

金福寺の紅葉も見事♪ #kyoto #京都 #金福寺 (@ 金福寺 in 京都市, 京都府) https://t.co/M3I7QOChGL http://t.co/81HVDaQBUp
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 11:49:05
京都で泊まりたいホテル  京北野天満宮の北門前、上七軒・平野神社間近の一軒貸しの宿。 路地中の大人の隠れ家。 住まうように京都にふれる。

レビュー(54)
北野天満宮の北側にある一軒家タイプ。周辺は観光客も少なく普段着の京都に暮らすように滞在できます。部屋も快適でリビング、寝室、キッチンもあるスペースは2人には広すぎるくらいでゆっくり滞在できます。今… 2015-09-26 18:33:44投稿 つづきはこちら
料金:16,000円~
みやび

移りゆく紅葉。光が弾けてキレイでした。 @金福寺 http://t.co/LjTe78uCq5
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-23 07:48:34
史間あかし@L文庫・町医者風尹〜発売中

取材前に金福寺さんに寄って来ました! 井伊直弼の密偵である村山たか女が生涯を閉じた地。紅葉の名所です\(^o^)/ まさに今が見ごろ(*>∀<)ノ))★ すごいよこの紅は http://t.co/WLSzUJ3rAY
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 19:17:00
masahiro maeda

金福寺、その2は入口のこれ。かなり紅葉してるね。in京都 http://t.co/QcdsijWUc4
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 13:43:50


BUZZAP!(バザップ!)

京都は紅葉真っ盛りです@金福寺 http://t.co/Fklpk0IipN
表示できませんでした。アップロード者により削除された可能性があります。他の写真をお楽しみください。
2014-11-22 13:22:50
つぶやき写真は10枚ありました。




リアルタイム!(今の色付き)


人気スポット

☆ ライトアップあり

ブログ
 Twitter
ホーム


-内容紹介-
「蹴上という地名は源義経の残忍さを伝える?」「異様に恐ろしい地名・閻魔前町の由来は何?」「大文字の“大”の字は国土地理院の地図にも載っている」「古代の京都には琵琶湖に次ぐ大きさの湖があった!」「二条城はふたつある!?」…など、京都の地理や地名、地図に隠された、古代から現代まで意外な歴史のエピソードを紹介。ただ観光するだけではわからない、思わずうなってしまう京都の雑学ネタが満載の本。